ケーススタディ

Itochu

One of the largest trading houses in Japan, Itochu is exposed to widespread social conflict and deforestation risks through its investments in rubber processing as well as trade with companies involved in illegal and unsustainable pulp & paper, timber, palm oil, and natural rubber productions. Itochu makes no commitment to no deforestation for its procurement of pulp & paper, timber, or rubber, and it lacks transparency on supply chain ESG risks and due diligence measures. Read More

ケーススタディ

Oji Holdings

One of the world’s largest manufacturers of paper and packaging products faces material risks related to land rights conflicts and deforestation by its subsidiary Oji… Read More

ケーススタディ

コリンティガ・フタニ

        顧客企業の概要 – コリンティガ・フタニ (Korintiga Hutani) コリンティガはインドネシアの中央カリマンタンで約10万ヘクタールの事業許可地域を有するパルプ材会社で、韓国とインドネシアの会社コリンドと、日本の王子ホールディングスとの合弁会社です。両社は共に出身国における環境に優しいイメージを醸し出しています。しかし両社は共同で、または個別に、この事業や東南アジアでの他の産業型プランテーション事業による重大な社会的・環境的リスクに直面しています。           コリンティガ・フタニの資金提供者 2012年、国際協力銀行(JBIC)と三井住友フィナンシャルグループはコリンティガと4,000万ドル(40億円)の融資契約を締結しました。融資はインドネシア、中央カリマンタンの木材チップ製造に充てられ、JBICによると、融資は、日本企業による長期的な木材チップ供給を確実にするための支援でした。[i]  王子グループの資金提供者 王子グループは、2010年から2015年の間に主に、みずほフィナンシャルグループと三井住友フィナンシャルグループから貸付及びクレジット引受業務において、8億2,900万ドル(829億円)(セクター調整済の総計額)の資金提供を受けています。  コリンドの資金提供者 コリンドは非公開企業であるためその資金調達に関する情報は入手が困難です。しかしインドネシアのBNIは、2012年のビジネスフォーラムのプレゼンテーションでコリンドをそのトップクラスのクライアント企業の一つとして位置づけていました。[ii]  … Read More

ケーススタディ

ウィルマー・グループ

世界のパーム油貿易の43%を支配するパーム油製品の世界最大の買手であり取引業者である ウィルマーは、自社事業、合弁事業、子会社、関連会社や、広範囲なサプライチェーンでの未解決の 土地紛争、違法なアブラヤシ農園開発、森林破壊、高い温室効果ガス排出といったリスクに直面し 続けている。… Read More

ケーススタディ

王子グループ

世界最大の紙・梱包材メーカーは、子会社である王子ラオ・プランテーション・フォレスト(王子 LPFL)と合弁会社コリンティガ・フタニ社(コリンティガ)による土地権をめぐる紛争や森林減少に 関連する重大なリスクに直面している。王子LPFLは、ラオス政府とラオス・プランテーションズ・ホ ールディングスの合弁事業であり、王子はその大半の株を保有している。コリンティガは、王子ホー ルディングスとコリンド(Korindo)の合弁会社であり、インドネシアのカリマンタン中央部で約10 万ヘクタールのパルプ材の事業許可地域を持つ。… Read More

ケーススタディ

丸紅

丸紅は、紙パルプ業界でトップシェアを持つ日本の大手商社であり、子会社であるムシ・フタン・ ペルサダ社(PT Musi Hutan Persada:MHP社)とタンジュン・エニム:レスタリペーパー&パル プ社( Tanjung Enim Lestari Pulp&Paper:TEL社)による南スマトラのパルプ生産を通じて、 社会的紛争と、熱帯林由来の紙や木材製品の取引による森林減少や違法伐採のリスクにさらされ ている。丸紅は、森林リスク商品に特化した方針を持っておらず、また関連サプライチェーンのESG リスクやデュー・ディリジェンス対策を開示していない。… Read More

ケーススタディ

伊藤忠

日本最大の商社の一つである伊藤忠商事は、パルプ、木材、パーム油、天然ゴムについての違法 で持続不可能な生産に関わる企業との取引とともに、ゴム加工への投資を通じて、社会紛争およ び森林減少の広範なリスクにさらされている。同社は、パルプ・紙・木材・ゴムの調達について森林 破壊禁止の誓約を行なっておらず、サプライチェーンのESGリスクとデュー・ディリジェンス対策の 透明性を欠いている。… Read More

Dig deeper into our database of financial connections between banks, investors, and deforestation-risk companies.

Explore full dataset